おすすめピアノ買取業者一括査定【ズバットピアノ】「古いピアノ、グランドピアノ売るならどこがいい!?」

これからピアノを売りたいと思っている方!ピアノを処分できる業者を調べている方!ズバットピアノ買取ってなんなの!?と疑問をお持ちの方が当サイトにたどり着いたと思います。

『ズバット ピアノ買取比較』は、 簡単に言うと、複数のピアノ買取会社へ一括で査定依頼ができるサービスです。

サービス利用者数累計20万人以上 でピアノ買取会社の参加数23社と圧倒的業界No.1のピアノ買取一括査定サービスを提供しており、一括査定ならではのデメリットとなる執拗な電話営業がありません。

このような【ピアノ買取一括査定業界No.1サイト】の『ズバット ピアノ買取比較』を 徹底分析してみましたので、ピアノの売却を検討している方は是非参考にしてみてくださいね♪

ズバット ピアノ買取比較申込はコチラ

ズバットピアノ買取を利用すれば高く売れる?

「ピアノ 買取」などのキーワードでググってみると様々なピアノ買取業者が検索結果にでてきますが、「住んでいる地域」「条件」などで実際には売れなかったという事態になることはよくある事です。

さらに、実際売れる条件を満たしていたとしても査定額が安くてちょっと納得いかないなー。他にも買い取ってくれる業者があればそこでも話を聞いてみたいと考えたりもするでしょう。

また、サイト上ではりっぱなホームページだと思ってたのに実際はかなり安く叩き買う評判の悪い業者に当たってしまう可能性も0ではありません。

通常、ピアノの査定ではグランドピアノなのかアップライトピアノなのかという『種類』、メーカー、品番、製造番号などの『モデル』そして『製造年』『保存状態』など様々な要素によって買取価格が変わってきます。

上のような情報を元に、どこの買取業者も査定額を決める要素はほとんど同じなのですが、ピアノ買取業者各社の「査定基準」「販売ルート」などにより、同じピアノでも査定結果が変わることが少なからずあります

また、業者の所在地と自分が住んでいる住所なのどの兼ね合いやピアノ搬出・搬入の際の費用も各社とも異なってきますので、そこれへんでも査定結果に差が出てくることになります。

なので、あなたができるだけ高くピアノを売ろうと考えているならば、複数社に査定してもらう事が必要になってきます。

とは言え自分で複数の買取業者に連絡を取り査定を依頼しようとすれば、大変手間と時間がかかる事は目に見えています。

そういった不安や不満、手間を一気に解決してくれるサービスが【ズバット ピアノ買取比較】無料一括査定なのです。

【ズバット ピアノ買取比較】無料一括査定では、たった一度の簡単な入力申し込み(1分ほどで済みます)を行う事で最大5社の複数の買取業者に同時に査定依頼をすることが可能になります。

複数業者に見積もりを行うので、それぞれの業者の査定額を比較することで最高額で売ることができるのです。

また、売れないと思っていたピアノでも値段が付く可能性は確実に高くなります。

また、ズバットに参加しているピアノ買取業者は、ズバットが定めた厳しい参加基準をクリアした業者のみなので安心して利用することができます。

ズバットを経由すれば、B社では10万で売れていたはずのピアノをA社に5万で売ってしまった!という悔しい思いをしなくて済むようになりますよ。

ズバットピアノ買取と他社のピアノ買取会社との違いは何?


ズバット買取比較と他社ピアノ買取業者との一番の違いは、買い取り実績でしょうね。ズバット買取比較はピアノ買取一括査定業界ではシェア率ナンバー1となっており、2018年9月時点で利用者数は30万人を超えています。

ピアノというそこまで誰でもかれでも持っている訳ではない特殊といえるモノでこの数はやはりスゴイです。

運営は、東京都世田谷区に本社を置く自動車保険や、生命保険を中心とした様々な比較見積もりサイト「保険スクエアbang!」「ズバット」を運営する会社のウェブクルーというのも安心ポイントです。

WIKIにも登録されている会社なので安心感がありますよね。

ズバット買取比較と他の買取サービスの違いは「簡単に手間なく時間をかけずに申し込める」「ピアノの査定額を1円でも高く売ることができる」「日本全国どこに住んでていてもピアノを売ることができる」「実績があるサービスなので安心」「信用ある会社が運営しているので信頼感が違う」といった点にあると言えるでしょう。

ズバットピアノ買取が選ばれる理由の4つのメリット


ズバットピアノ買取が人気で選ばれるのには以下の4つのメリットが理由だと考えられます。

①買取金額簡単比較

②利用は完全無料!

③最適な業者が見つかる!

④安心の参加業者!

それではひとつづつ解説していきますね!

①買取金額簡単比較

買取業者 見積り査定金額 査定の最高額との差
A社 120,000円
B社 110,000円 -10,000円
C社 108,000円 -12,000円
D社 105,000円 -15,000円
E社 10,000円 -110,000円

入力はたった1回、しかもたとえ時間をかけても数分でできる入力申し込みをするだけで最大5社から査定額が届きます。あとは、最高値の業者を選ぶだけです。

②利用は完全無料!

ズバットでは参加しているピアノ買取業者からの「宣伝費、広告費」で運営しているので、買取してもらいたいユーザーはお金をかけずに無料でピアノ査定の依頼をすることができます。

③最適な業者が見つかる!

あなたの「住んでいる地域」「条件」にピッタリと合う最適なピアノ買取業者を選別し、スピーディーに対応し査定金額を提示してくれます。

④安心の参加業者!

ズバットに参加しているピアノ買取業者は、ズバットが定める厳しい参加条件をクリアした健全な業者のみを厳選して加盟させているので、安心して利用ができます。

通常は複数業者に査定依頼して自分で比較したり連絡したりとなると、膨大な時間と労力、手間が必要になってきます。

しかし、ズバットピアノ買取であれば、たった一度の入力で、複数の安全、信用できる買取業者に短時間で査定依頼ができるようになります。

また、引き取りでクレーン車が必要な場合でも別途費用を請求されることはなく完全無料で利用する事が出来、査定で買取してもらった適正な価格での買取料金が支払われることになります。

ズバットピアノ買取比較を利用して良かった点ランキング!

ズバットピアノ買取比較を利用して良かった点ランキング!が公式サイト上に掲載されていました。

ランキングと言っても2位までしか確認できなかったんですけどね。。。

それはさておき、ダントツの1位を獲得したのが【比較することで最高値で売ることができた。】ということを挙げており、利用者の60%という大勢の方がそれを良かった点だと感じています。

正直ピアノの買った値段はわかるけど、売れる価格って素人にとっては未知数でよくわからないですもんね。

もし1社だけに依頼していたら「うーん、なんか安い感じもするけどこんなものなのかなー」とモヤモヤすると思いますが、複数社に見積もりを取り比較し、最高値をつけた業者を選ぶことで確実に納得感がUPします。

次に注目してほしいのが2位で、「売れないと思っていたのに値段がついた」という事を感じた利用者の方々が25%の割合でおられました。

ズバットピアノ買取比較を選ぶことで、他社で断られたり、引き取り料金を請求されたり、最悪粗大ゴミとなっていたかもしれないピアノがお金になる、誰か別のユーザーに届き再利用してもらうというのは大変喜ばしい事です。

「どうせ売れないんだろうな」と諦めかけている方も、ズバットピアノ買取比較を利用する事を検討することをおススメしますよ!

ズバットピアノ買取の参加業者数は!?最大何社から査定してもらえるの?

ズバットピアノ買取では、厳選された優良ピアノ買取会社が2019年8月1日現在で26社が参加しています。

ここでは、各参加買取会社を簡単に紹介しますね。

一括査定依頼できるピアノ買取会社

一括査定依頼できるピアノ買取会社の最大査定依頼数

上記の26社の参加業者の中からあなたの住んでいる所や条件に合わせて、最大5社に査定依頼が可能です。

ズバットピアノ買取で一回の入力で査定してもらえるのは上記の参加企業すべてという訳でなく最大5社である事に注意してくださいね。

最大5社といっても、いずれも買い取り実績のある流通を持っている評価の高い業者の中から、主にあなたの住んでいる地域に近い事業所が選ばれることが多いようです。

また、買取ってもらうピアノの種類やメーカーや傷み具合などに対して得意分野を持つ「条件」にピッタリあったピアノ買取業者を選別してくれるので安心できます。

ズバットピアノ買取に登録している業者は、厳しい審査基準をクリアした業者だけが登録しているので信頼して交渉することが可能になります。

最適なピアノ買取業者の選び方を伝授!


ピアノはとても高額なので、売却の際にトラブルが起きる可能性は少なからずあるでしょう。

しかし、売却するピアノ買取業者の選び方さえ間違えなければ、そんなトラブルが起きる可能性は限りなく0に近くなると言えます。

ここではピアノを売る際に不要なトラブルを回避するために、信頼できるピアノ買取業者を選ぶポイントを紹介しますね。

まずは3つのポイントを押さえましょう!

①ピアノの相場価格を把握しておくべし
②ピアノ買取業者の評判や実績、古物商許可の有無を調べる
③中古ピアノの買取業者を比較する

①ピアノの相場価格を把握しておくべし

自分のピアノを査定に出す前にある程度の相場価格を把握しておくのが良いでしょう。

ある程度の買取相場を把握しておけば、その買取業者の査定が相場市場と比較して大幅にかけ離れていないかどうかを判別できるためです。

例えば、相場価格が10万円のピアノに1万円の査定をつける買取業者であれば売る気が失せますし、他の買取業者を選ぶという選択肢も検討できます。

自分のピアノのある程度の買取相場を調べる場合は「【ヤマハ製】中古アップライトピアノの買取相場」「【カワイ製】中古アップライトピアノの買取相場」が参考になると思いますよ。

②ピアノ買取業者の評判や実績、古物商許可の有無を調べる

ピアノを売ろうとする際には、依頼するピアノ買取業者の運営実績、買取実績や、口コミ評判を調べておくことが大切になってきます。

買取業者に関する利用者の評価や実績といったものは、その業者が優良であるか詐欺まがいのボッタクリ業者であるかを知る一つの指標になるからです。

たとえば、買い取り実績が一つも確認できない業者と、累計利用者数を明記していたり、買取例をサイトにきちんと掲載している業者を比較した場合、明らかに実績を残している業者のほうが断然、信頼感があり安心して取引できますよね?

できれば、事前に買取業者のサイトから買取例や取引実績などを確認してみることをおススメします。

また、買取してもらおうとする業者が「古物商許可証」を取得しているかどうかは最も重要な要素と言えます。

「古物商許可証」を明記していることによって、とりあえずは第一段階はクリア!と言ってよく、その買取業者が怪しい業者であれば、きちんと明記してない場合も考えられます。(ネット上に掲載されているような業者はほとんど「古物商許可証」を明記していると考えられますが、リアル店舗の場合は古物商許可を取得していない可能性もあります。)

古物商許可とは、個人もしくは法人が行う中古品の売買業務を警察署が認めるものであり、審査には

  • 古物商許可申請書
  • 略歴書
  • 住民票
  • 登記されていないことの証明書
  • 誓約書
  • 市区町村発行の身分証明書
  • 営業所関係の書類(不動産登記簿や賃貸借契約書)
  • 営業所の見取り図や周辺図
  • オンラインで古物を売る場合はURL使用権を証する書面

などの書類が必要です。

古物商許可を取得している買取業者であれば、警察署からの審査を通過しているため、少なくとも取得してない業者よりは信用できると言えるでしょう。

上記に掲載されているズバットピアノ加盟店はもちろん古物商許可を取得しており、利用者の口コミも見れますので一度チェックしてみてくださいね!

③中古ピアノの買取業者を比較する

最後に、やはりピアノ買取業者を決める際に重要になるのは、複数の買取業者に査定を依頼することでしょう。

複数の買取業者を比較することで、査定価格やサービス内容のメリットデメリットを比較することが可能になるからです。

例えば、同時に5社から査定価格を聞き、売却金額の最も高いところを選択するといったことができるようになります。

ズバットピアノでは、無料で簡単な申し込みをするだけで全国の優良ピアノ買取業者26社から最大5社に一括査定を依頼することができます。

「できるだけ高く売りたい」「優良な業者に頼みたい」「手間を出来るだけかけたくないと」と考えている方はぜひ利用することをおススメします!

ピアノを高く買い取ってもらうためのポイントを知っておこう!

長年使って愛着と思い出のあるピアノは、できるだけ高い金額で買い取ってもらいたいというのが人間の心情ですよね!?

ピアノの価値を最大限に高く評価してもらえるように、査定前にはしっかり準備しておくことが大切ですよ!

査定前にピアノを掃除しておこう

ピアノを買取りに出す際は、やはりできるだけ可能な限り綺麗な状態にしておくことのが良いと思います。

ピアノというものは基本的に長年使用することが多いケースが多いと思いますので、経年変化、経年劣化はどうしようもない部分がありますが、自分でできる範囲でお手入れはしておくことが好ましいです。

表面上のホコリは、はたきなどで、内側に埋もっているようなチリに対しては掃除機等で取り除き、汚れは専用クリーナーで拭き取るのが基本的なピアノの掃除方法となります。

付属品の有無を問われることはほとんどないようですが、まれに査定額が変わる場合があり、無いよりあった方が当然良いですし、不用品処理にもなりますので用意しておくことをおススメします。

また、購入時についてきた椅子や鍵盤のカバー、補助ペダルなどがある場合は、査定前にできるだけ揃えておいた方がいいですよ!

大きな傷やイタミは査定額に影響する可能性も

長年使ってきたピアノですから、新品同様なピアノであるケースはまれで傷などがついてしまうのは当然だと言えるでしょう。

しかし、よほどひどく乱暴に扱わずに、普通に使用した状態でつくようなキズやイタミならば、それほど査定に影響することはないですのでそこまで心配することは無いでしょう。

しかし、外板が割れていたり、虫害や火災、地震、水没などによって大きな割れやへこみなどのダメージを受けているピアノは、新しく使う人がいる代物ですのでさて、やはり査定額が下がってしまう可能性はあるでしょう。

ただし、査定額に響くからといって安易に修理に出してしまうのは考え物です。

なぜなら売却する査定額より修理代金のほうが高くついてしまったり、そうでなくても金銭面でかなり損をしてしまうケースがあるからです。

へこみや大きな傷などの大きなダメージがあるピアノを売りたいという方は、まずは査定依頼をして見積もりしてもらいましょう。

査定をしたからといって必ず売らなければいけないということはありませんし、ズバットピアノ経由ならば査定で費用がかかることもありません。

複数のピアノ買取会社に査定を依頼して、しっかり比較しよう

ピアノを少しでも高く買い取ってもらいたいなら、必ず複数の買取会社に査定を依頼して、比較検討をするのがおススメです。

ピアノ買取会社は、独自の販売ルートや買取ノウハウを持っており、得意とするピアノや需要に差があります。

そのため、買取会社によって査定額に大きな開き出るケースはよくあることです。

また、色んな買取会社と交渉していることがわかれば、他の業者に売られまいと査定を引き上げようとする競争原理が働きます。

「ズバット ピアノ買取比較」では、スマホやパソコンで簡単な必要事項を入力するだけで最大5社に無料で査定を依頼することができるので、大切なピアノを最も高く買い取ってくれる買取会社が最小限の労力で見つかるはずです。

ピアノ査定依頼前に調律をしておいたほう良いのか!?

ピアノ査定前の調律に対する評価は、ピアノ買取会社によって対応がさまざまですが、査定金額に影響することもあれば、まったく影響しないこともあるようです。

数で言うと影響しない業者のほうが多い印象を受けます。

定期的なメンテナンスを行っているのであれば、あまり気を使う必要はないでしょうが、ピアノを売却しようと検討しているということはメンテナンスを全くしていないという方も多いかと思います。

しかし、調律は自分で行う事が難しく、やるとなると専門業者に依頼する事となり、少なくとも1~2万円程度かかってしまう事が予測されますので、それなりに出費を覚悟しなければなりません。

ただし、調律を済ませておくことで、より高い価格で買い取ってくれる買取会社もある可能性も否定できません。

長い間、調律を怠っていたり、少しでも高く買い取ってもらいたい人は、一度買取会社に問い合わせて確認してみるのも良いかもしれませんが、個人的には手間もお金もかかる事だし、売られたピアノが再販売される段階では当然調律が行われることが予想されますので、しなくても問題ないと考えています。

ピアノ買取査定業者が必ず確認する4つの項目をチェック!!

ピアノ買取査定業者は、査定する際にチェックするポイントが必ずあります。

査定業者によってそれぞれ細かなチェックポイントはあるにせよ、これから解説する4つのポイントは絶対と言ってよいほど、どんな業者であっても査定項目に入っている重要項目となります。

なので、今から紹介するピアノのモデル名(型番)や製造番号などの4つの項目を、査定依頼をする前にあらかじめ控えておき、直前で慌てないように買取会社への依頼をスムーズに行えるように事前準備しておきましょう。

依頼前に4つの査定ポイントを確認しよう!

中古ピアノを査定する際に、査定業者はピアノのモデル名、製造番号、メーカー、ペダルという4つの項目を元に査定金額を算出します。

これらの項目を事前に確認してから査定依頼をしましょう。

また、ズバットピアノなどの一括査定経由で申し込む際にもこれら4つのポイントが入力項目となっている事がほとんどですので予め確認しておくとスムーズに申し込みが完了しますよ♪

①モデル名(型番)②製造番号

■アップライトピアノの場合
一番上の板(屋根)を開けて中を見てみてください。フレーム(金属部分)右側上部品番と製造番号が記載されています。
* サイレントピアノ™ / トランスアコースティック™ピアノ / ディスクラビア™ / サイレントアンサンブルピアノ / ピアノプレーヤなど、機能付きピアノの場合も同じです。品番の例としてはヤマハ:U1、U2、U3、カワイ:BI、KU、KI などと表記されています。製造番号はモデル名と並んで、4桁から7桁の数字が表記されています。

*製造番号がフレーム高音部側に見当たらない場合には、フレーム中央辺りに記載されている場合があります。

■グランドピアノの場合
鍵盤側の手前の屋根を開けて中を見てみてください。高音部側のフレーム(金属部分)右側品番と製造番号が記載されています。
* サイレントピアノ™ / トランスアコースティック™ピアノ / ディスクラビア™ / サイレントアンサンブルピアノ / ピアノプレーヤなど、機能付きピアノの場合も同じです。Image

■電子ピアノの場合
ペダルの位置から見上げた本体の下面、または本体の背面に貼られたステッカーに表記されています。
■ハイブリッドピアノ(DGP / DUP)の場合
鍵盤下に付いているスイッチボックスの裏に品番と製造番号(=「SER.NO」)が記されています。

3.メーカー

ピアノを作った会社の名前です。

ヤマハ、カワイが有名ですが、他にも日本だけでも下記のように多くのメーカがあるようです。

ヤマハ・カワイ以外の国産のピアノブランド・メーカーまとめ
日本のピアノブランド・メーカーの一覧を紹介しています。日本には有名なヤマハやカワイ以外にも多くのブランドがあります。あなたの家のピアノが見つかるかもしれません。

ほとんどのピアノのメーカー名の記載の位置は鍵盤の蓋の裏に表記されています。

鍵盤の蓋を開けて、その内側を見て確認してみてくださいね。

4.ペダル

ピアノにはペダルが2本のものと、3本のものとがあります。ご自宅のピアノはペダルが2本なのか3本なのか、確認しておきましょう。

ちなみに、少し前まではペダル2本のピアノが主流でしたが、最近ではペダル3本のピアノが定番という流れになってきています。

どんなピアノでも売れる!?買取りできないピアノって?

「うちのピアノは買ってから十数年経つかなりの古いものだけど大丈夫かな?」「傷やへこみがあってだいぶ痛んでるから売れるか心配」など、中古ピアノを売ろうと思っていても、様々な不安材料が頭をよぎってきます。

ここでは、ピアノの古さや傷が査定にどのような影響を与えるのか、はたまた、そもそもそういったピアノは売れるのか!?など一般的なピアノ買取業者の一般的な対応を解説していきますね。

また、電子ピアノは通常のピアノとは扱いが違うケースが多々ありますので、合わせて確認しておいてくださいね。

長年使用して古くなってしまったピアノ

中古ピアノは、高価なもので、よほどのことが無い限り売却しようと考える頃にはある程度年数を経ているのは当然だと言えます。

中古ピアノ査定では、やはり製造時期によって査定金額が影響することがほとんどです。

しかし、製造から30年程度までなら、値段がつくケースも結構あるようです。

それ以上古くなると、値段がつかない、買取りができないというケースもでてくるようですが、買取会社によって販売ルートは様々であり、査定基準も千差万別ですので、諦めないで、とりあえず、まずは査定を依頼してみることをおススメします。

もし、買取りができないピアノでも、無料で引取ってくれるピアノ買取会社も存在します。

古くてもピアノの状態や買取会社によって、値段が付く、無料で引き取る、引取りは可能だが運送料金がかかるなど、様々なパターンが予想されるのでまずは査定会社に相談してみることが重要ですね。

イタミ、傷、へこみや故障があるピアノ

ピアノ査定において日常生活でついてしまう些細な傷、一見見ただけではわからないようなイタミであれば、査定にはほとんど影響を及ぼさないのが一般的になっているようです。

また、鍵盤の一部が上がらない、音がズレているといった軽めの故障であれば、査定への影響は小さく、それほど査定額が下がる心配はないものと思われますので、あまり気にせず査定を依頼することを検討しましょう。

ただし、塗装が大きくはがれていたり大きな傷やへこみがあるような場合、査定金額が大幅に下がってしまったり、買取りができないケースも出てくるのが実情のようです。

また、水害や火災、地震、虫害によるピアノ内部の損傷も査定に影響することがありますので、後でトラブルにならないよう、査定時には包み隠さず正確に申告するほうが良いでしょう。

電子ピアノは売れる!?

電子ピアノを売ろうとする場合対応業者は少なくなることが予想されますが、取り扱っている業者はもちろんありますので、諦めずに査定してもらいましょう。

ただし、通常のアコースティックピアノと同じように考えてはいけません。

電子ピアノとなると、通常ピアノとは査定ポイントがまったく違ってきます。

種類としては電子楽器となるので、マニュアル、取扱説明書があるかどうかはかなり肝心で重要視されますし、電子機器という性質上、パソコンなんかのようにどんどん性能が向上していますので、古い機種となると買い取ってもらえないケースも増えるようです。

買取りの対象となるモデルは製造から5年程度が一般的となっているようですが、5年以上経っているとしてもまだまだ諦める必要はないですよ!

「ズバット ピアノ買取比較」には、電子ピアノの買取りに対応する買取会社も数多く参加しています。

人気の機種であれば、意外な高値がつくこともあります。

査定依頼は無料ですので、まずは査定依頼をすることをおススメします。

コメント