廃車の買取 廃車ドットコム

廃車ドットコムの買取の特色

廃車ドットコムの概要

買取サイト名

『廃車ドットコム』



5段階評価
4
⇒おススメ!

◎買取実績10万台以上の廃車買取り専門サイト。

◎近くの車屋で下取り価格が0と査定された方に利用してもらいたい業者です。

買取対象

下取り0円の車/低年式車/不動車/事故車/中古車/過走行車/ディーゼル車/故障車/走行距離10万km以上の車
公式サイトはコチラ

廃車にかかる費用

廃車にはお金が必要です。

私事ですが、つい最近、走行距離10万kmを超えたセドリックを昔からなじみで、つきあいのある業者に廃車手続きをしてもらいました。その時にかかった費用が24800円でした。その業者には「値段がつかない」と言われたので戻ってくるお金は1円もありません。では、廃車に掛かる費用にはどんなものがあるのでしょうか?

1 車買取時に引き取ってもらうための運搬料

私の場合は業者が近かったけれども、引き取りに来てもらいました。明細には運搬料金として記載はされていませんでしたが、手続き手数料の中に含まれていたのでしょう。自分で持っていけば無料になる部分ですが、なじみということもあり、おまかせしました。

2 車の解体費用

車を解体するのには費用がかかります。ただし、解体すればそのスクラップの鉄くずはリサイクル資材となり、お金になります。私の場合は、その鉄くず材として還元される事はなかったのですが、代行業者によってはそのリサイクル材を還元してくれ、解体費が無料になったり逆にお金をもらえたりする場合があるようです。しかし実際には多くの業者で解体費用として1万円以上請求してくるパターンが多いでしょうね。

3 車のリサイクル料

自動車リサイクル法により、車の購入時にリサイクル料というものを払う義務があります。それを支払った証明書として車検証いれにリサイクル券というものが入っているはずなので確かめてみましょう。
購入時に払うものなので新たに請求されるものではありませんが、車に値段がついて、下取りという形で引き取られれば必ず返還されるものなのですが、廃車にした場合、そのリサイクル料金を使用して処理費用としてあてがわれるので、還元されることはありません。
リサイクル料金は国産か外車か、そして、排気量によって変わり、8000円~2万円かかります。下取りの場合これらの料金が返ってくるのに対し、廃車の場合は一切返ってきません。

4 抹消登録費用

抹消登録とは、廃車にする為の手続きで、陸運局に申請する必要があります。自分で手続きする場合には検査登録印紙代の350円のみでOKなのですが、業者に代行してもらうとそういうわけにはいきません。
業者によりけりでしょうが2000円から1万円の代行手数料はかかってくるでしょうね。

5 まとめ
私の場合はなじみの業者に依頼して、24800円かかりましたが、賢い選択、リサーチをすれば廃車費用が無料、もしくはお金をもらえる可能性がある業者を探す事が可能だったと後悔しています。
その可能性があった業者のひとつとして廃車ドットコムがあげられるでしょうね。

廃車ドットコムの特徴

廃車ドットコムは正式に解体業、破砕業の許可を国から得た企業が集まった廃車のプロ集団ともいえるサイトです。

実際のところ、解体作業の許可を得ずに営業している業者も多いようで、利益を優先し、私たちの足元を見られる事も少なくないようです。

ネットを通しての取引に不安に思うような方も多くいらっしゃるように思いますが私の考えは逆です。

ネットを通してサービスを提供する場合、どうしてもネットでの宣伝が主流になります。ネットを通してサービスを利用する人は一般的な消費者より賢明である可能性が非常に高いです。

通常なら廃車にする場合、近くのお店や、なじみの企業を選ぶ事が多いでしょう。しかし、ネットを通じて業者を探す方はその時点で、一歩抜きんでた消費者といえるでしょう。

「近くの店よりもっと高く買い取ってもらえる業者はないだろうか」「無料で廃車できるところはないか」とよりよい選択を自分で追求しようとしているからです。

懸命な消費者が利用する今のネット事情では、悪徳業者、詐欺業者はでてきにくい状況となっています。

ネット上を宣伝媒体とする企業が詐欺的な会社である場合、すぐに口コミ等で評判が落ち、炎上、淘汰され、営業することが困難になります。

誇大広告であれば、消費者センターに通報され、営業停止をくらう可能性もでてくるでしょう。

これは裏技的な話になりますが、業者が安全か危険かを簡単に調べられる方法があります。「業者名 詐欺」と検索してみてください。

業者名のところはあなたが調べたい業者の名前をいれてくださいね。

これが、悪徳で危険な業者なら、ずらりとその業者の実態を口コミ等の評判が結果として掲載されるはずです。あまりにも否定的な意見が多いようでしたらその業者を利用するのはやめたほうがいいでしょうね。

話が長くなりましたが、ネット利用者は業者を事前にリサーチできる能力がある分、より優良な業者を選択できる可能性があります。

ここでは廃車に関しては廃車ドットコムという選択肢を頭の片隅にいれておいておくのもいいでしょうね。

さて、ようやく本題に入ります。

買取実績トップクラスの安心感

個人的に、この満足度とかいう主観的な数値は全くといっていいほど当てにならないと感じています。まずはこの満足度に関するアンケート?を何人に聞いたかが記されていません。10人中9人ならサンプル数が少なすぎます。

というより根本的な問題ですね。この満足度のアンケートは買取した全ての人に聞いたものなのでしょうか?

答えたい人だけが答えるシステムなら買取に満足した人が記入してくれる可能性が高くなるでしょうね。

「お!思ったより高く値がついたな。気分いいしアンケートで満足したに○しとこ」となったりしませんか?

アンケートに答える方式にもよるでしょうね。匿名ではなく対面で用紙を渡されたらたいがいの人が満足したに○をするんじゃないでしょうかね?

こういう類は第三者が実施したアンケートやら評価じゃないとあんまり意味が無いような気がしますね。

楽天ランキングナンバー1ならまだ参考になりますが、この満足度というあいまいな判断基準は私は参考にしませんね。

低かったら掲載しなければ良いだけの話ですしね。逆に満足度57パーセントとか微妙な数字だったら天邪鬼な私は食いつきます。

廃車ドットコムの販売実績の例

廃車ドットコムのサイト上に販売実績として個人ユーザーからの入庫10万台への取り組みとあり、各県1社、全国で40社前後の会社で毎150~200台の入庫促進を目指します。

更に個人ユーザーからの入庫比率を自社入庫総数の30%になるように目指しますとあります。

「おいおい、目標かよ」と思っちゃいました。嘘をつくよりは全然いいですけど、実績面に対して自信が無いようなら書かなければいいのにと感じましたね。

独自方式による部品ごとのリサイクル処理
バッテリー
廃車を取り扱う専門業者が加盟する廃車ドットコムでは部品を売る独自の販売ルートを確保しているんでしょうね。

この部分が一般の業者と違う強みになっています。

例えば車体は鉄くずとして再処理し、再生ゴムとして活用され、バッテリーなんかは再生鉛として使用されるようです。

再生ゴム
 再生ゴム
再生鉛
 再生鉛

廃車ドットコムの買取実績

平成10年式アコードWの場合
平成10年式アコードW
上では批判的な意見を多めにいっちゃいましたけど、ここからが廃車ドットコムの本領発揮ですね。こちらは平成10年式のアコードワゴンですね。
基本データ
メーカー トヨタ
車名 アコードW
グレード VX
年式 平成10年式
走行距離 68,690km
買取した県名 岐阜県
特徴 車検の残り期間が4ヶ月 外装の小傷が多め。 カーナビのは返品 ETCを取り外して返品
買取価格内訳
自賠責返還:2,800円
廃車(抹消登録)する場合に、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の有効期間が「1ヶ月以上残っている場合」には、加入している保険会社で所定の手続きをすることによって、自賠責保険の残存期間に応じた返戻金を受け取ることができます。
廃車ドットコムに委託すれば、その手続きを無料で代行してくれる上に、その料金分を還付してくれるように手続きしてくれます。加盟店によってはその分込みで買取ってくれ、先払いしてくれる業者もあるようです。
重量税返還:5,000円
自動車重量税とは自動車の重量によって課せられる税金で、新車の購入時や車検の際にこれを支払っています。
この自動車重量税は次の車検がくるまでの分を先に払っている事になりますので、その期間が一ヶ月以上残っている状態で廃車手続きを行った場合は払いすぎた分は返還してくれる制度になっています。
ただし、ここでも面倒な手続きが必要になってきます。解体証明書を運輸局に提出する際に、自動車重量税の還付も申請しなけば重量税は返還されません。
そんな面倒な手続きも無料で廃車ドットコムが代行してもらえるので心配は無用です。
更には自動車重量税の還付には審査があり、還付までにおよそ3ヶ月の期間待つ必要があります。
廃車ドットコムの加盟店によってはその分込みで買取ってくれ、先払いしてくれる業者もあるようです。還付金を待つ必要が無いのは大きなポイントです。
自動車税:15,000円
自動車税もきちんと払っており、過払い分が残っていれば還付されます。ただし、軽自動車に関しては還付制度がありません。
この制度は抹消登録すれば自動的に還付手続きされるシステムになっています。具体的には、【自動車税過誤金還付のお知らせ】という通知が郵送され、所轄の県税から送付されますので、「還付通知書」と印鑑、身分証明書を持参して、指定の金融機関で還付手続きをする事になります。
還付通知書は小切手のようなもので、銀行にいけば、直接現金で受け取るという形になります。こちらの手続きは性質上自分でやる必要がありますね。
車両本体:23,000円
ここがメインとなる部分ですね。いや、還付金もかなり大きいですけどね。一般の業者なら買取価格が0で、無料で引きとってっくれるのはまだいいほうで、更に手数料やらで数万のマイナスになる可能性がおおいにあります。
廃車ドットコムは自動車リサイクル法に基づいた自動車解体業者なので、自動車中古部品の生産が可能になります。廃車専門業者なので独自の販路をもっているのも強みです。
現在の主流は海外でしょうね。日本製の車は海外では需要が高いです。海外に販路を持っているかどうかはかなり重要なポイントで、これが廃車にするのにマイナスになるのかプラスになるのかの分かれ目になっています。
ネットで廃車にする業者を探す場合はまず、海外に販路をもっているという一文が書かれているかどうかを確認する作業は大事かもしれませんね。

廃車ドットコムが廃車を買取れる2つ目の理由がマテリアル(素材)原料として再利用できる点でしょうね。
素材として、再利用可能な、鉄・アルミ・銅・真鍮・鉛・プラ類・レアアース類等々、幅広くリサイクルするルートをもっている所がポイントですね。
買取総額:45,800円
上記全て合計した金額が45800円となります。これが自分に支払われる金額となりますね。
続いてこちらが支払う料金、手数料を見ていく事にします。
廃車ドットコムの手数料
いくら買取金額が高かろうと、こちらが払う手数料や費用がかかれば意味がありません。
次に廃車ドットコムに支払う手数料を見ていく事にします。
一般の業者に依頼した場合

上記は一般の業者に依頼した場合にかかる廃車費用ですね。私の場合は長年つきあいのある業者でしたので、冒頭に書いたように24800円で済みましたけど、一般的にはこれぐらいかかっちゃうもんなんですかね?
廃車ドットコムに依頼した場合

車買取時に引き取ってもらうための運搬料
引き取り手数料無料。
対応エリア内であれば原則引取り料金は無料でサービスしてくれます。ちなみに対応エリアではない所は沖縄、山梨、滋賀。加盟店の中で対応している所が無いようです。こちらに住まいの方は問い合わせが必要でしょうね。
また、谷の底に落ちた状態のままとか、川に水没した状態、搬送トラックが立体式駐車場や、田畑、林野、河川内等の侵入が困難な場合等の、すごく車が動かしにくい状況の場合は実費になる場合があるそうです。まぁ、普通に車庫や駐車場に置いてる場合であれば費用がかかる心配はなさそうですね。
廃車手続き代行費用
廃車に関する手続きは代行してもらわないととてもじゃないけど大変面倒です。廃車ドットコムではそれらの手続きを全て無料で代行してくれます。抹消登録にかかる検査登録印紙代350円ぐらいは取られてそうなもんですけど、それらもタダです。
自分がする事は必要な書類を集めるだけ。必要書類は車の状態やら名義、引越しの数などで変わってくるけどこのページを見てもらえれば自分がどれを集めれば良いかわかるようになっています。
自動車スクラップ費用
ここに費用がかかれば「なんの為の廃車専門業者じゃい」と叫ぶところでしたがやはり無料ですね。ありがたやです。
まとめ
廃車ドットコムでかかる費用、手数料は0円でした。ということは買取総額45,800円-手数料、費用0円で廃車にした際に手にできる金額はこのケースの場合45,800円ということになります。
廃車が無料でできるどころかお金まで手に入っちゃうんですね。しつこいようですが私の場合はなじみ業者に依頼して-24800円でした。
こうして見てみると、廃車ドットコムに依頼した場合、少なくともマイナスになることはあり得ないといえますね。
私の場合はこの業者にめぐり合う前に廃車にしてしまったのでもう遅いですが、廃車で絶対お金をかけたくないと考えている方は廃車ドットコムを選択肢のひとつに入れてみてはどうでしょうか。
沖縄、山梨、滋賀在住の方は別業者を探してみてくださいね。

廃車ドットコムの運営会社情報

廃車ドットコムの運営会社

会社名 廃車ドットコム合同会社
廃車ドットコム合同会社の所在地 東京都中央区銀座六丁目6番1号
問い合わせ先 TEL:0120-814-565(フリーダイヤル、携帯・PHS可)
受付時間:平日10:00~18:00
お問い合わせフォーム

廃車を売るなら



コメント